【moimoi Lokki】第一弾!はじまりました


地域保育の一環として始まった、かもめの新しい取り組み「moimoi Lokki」。


第一弾は・・・「ストローを使って紐通しをしよう!」でした。

今回の講師は、膳所でグラフィックデザイナーをしている方です。



「はじめまして!」と言われると「だれ〜?」という感じで不思議そうに見つめる子どもたち。でも以前から少しずつ「moimoi Lokki」の話を保育者から聞いていたので、「もいもいろっき!」と上手にお話ししてくれる子もいました。




いつもの「あさのおうた」を歌って、リラックス。

講師にもいろんなおうたを聴かせてくれました。

↑あさのおうた「かたつむり」披露中




さて!

いよいよ今回は何をするのか講師の方が説明してくれます。

じ〜っとお話を聞いてくれる子どもたち。

↑「うまくできるかな〜?」




カラフルなタピオカ用のストローを短く切って、タコ紐に通していくのですが、子どもたちにはとっても根気と集中力を使うんです。


それぞれ好きな色を自分で選び、息をひそめて、掴んだストローを上手に紐に通していきます。

↑集中〜!





最初はモジモジしていた子どもたちも、次第に講師となかよくなって一緒に作品をつくります。

↑「こんなにつながったで〜!」と作品の見せ合いっこ。




保育者もびっくりするほどみんな集中してくれてます。

↑もくもくと作業中・・・。ここまでくると講師はただ見守るのみ!

↑あらたな遊びも発見!



そしてできあがったのが・・・

じゃ〜ん!こちらです。みんなの作品が保育室のカーテンになりました。色とりどりでかわいい!!


小一時間のふれあいでしたが、子どもたちはすっかり仲良くなってくれました。


次回などんな先生が来てくれるんでしょう?子どもたちも「もいもいろっき」と言えるようになり、楽しみにしてくれています!















閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示